ビフィズス菌とはなんぞや

ビフィズス菌とは動物の体内に生息する菌の一種で、すべての動物の腸内にいるとされています。今よりも一世紀以上前の1899年に、フランスのパスツール研究所によって発見されたのが最初で、特に乳幼児の糞便の中にこれらの菌が多く含まれていることがわかりました。

 

人間の腸内には食べ物を消化吸収するのを助けるため様々な菌が存在していますが、ビフィズス菌と呼ばれる類の菌は全部で五種類あり、最近では同様の役割を果たす細菌類も含めた総称としてもその名前が用いられています。

 

悪玉菌という言葉が、健康ブームの起こっている現代ではよく使われていますが、ビフィズス菌はこれとは正反対の種類の善玉菌と呼ばれる菌類に属します。

 

ビフィズス菌は体内に取り入れられたオリゴ糖を分解して乳酸へと変化させる菌で、乳酸菌とはまた別物の菌だと言われています。この菌を通した体内のエネルギー循環により善玉菌が増殖し、悪玉菌を抑制する効果が期待できます。

 

しかし、乳酸というとどうしても、足の疲労時に溜まると言われている原因物質だと考えてしまう人が多いはずです。過去には諸説ありましたが、現代ではまず第一に腸内で生成される乳酸菌と疲労の原因物質として乳酸の違いが指摘されています。

 

また、それだけではなく、近年の研究では乳酸が疲労の原因物質であるというのに対し反対説が多く浮上し、疲労物質であるどころか疲労を回復させる物質であるという報告が挙がっています。いずれにせよ、腸内で生成される乳酸菌が特に問題のある物質でないことはわかって頂けるでしょう。