ミドリムシが凄い!

小学生でも知っている微生物のミドリムシ。小学校の授業などでも触れるため名前だけはなじみの深いこのミドリムシですが、実はこのミドリムシ、とっても凄い力を持っているんです。

 

特徴的な生態によって体内に蓄えられる栄養素が今、人間にも非常に大きな役割を果たすとして研究が進められています。

 

ミドリムシは鞭毛虫の仲間であり、体から突き出た鞭のような毛を屈曲させて能動的に移動する「鞭毛運動」を行います。つまり自力で移動する能力を持つため、動物としての定義を満たします。

 

一方でミドリムシは葉緑素も持っており、光合成を行うこともできます。つまり植物としての定義も満たすものです。この二つの機能を持ち合わせる特徴は体を構成する栄養素にも現れ、一般的な動物・植物どちらからもかけ離れた、非常に広い範囲の栄養素を網羅しています。

 

言わば生きた完全食品のようなもので、食用として注目されるのも自然と言えます。また、特有の含有成分であるパラミロンは余分な脂肪の吸収を抑え、さらに有害物質の排出を行ったり、整腸効果があったりと、非常に有用な成分です。

 

このように、極小の微生物でありながら非常に優れた健康効果を有するミドリムシは、増やす課程で光合成により二酸化炭素を消費し酸素を排出するなど地球環境の改善に寄与する面まであり、今全世界で大量生産が試みられている真っ最中です。

 

サプリメントや健康食品は既に実用化されており、遠くない将来に、食卓の上に普通にミドリムシを用いた食品が並ぶこととなるでしょう。